その他の業績 



【競争的資金】


○日本学術振興会・科学研究費「ロールズ政治哲学と政治・経済思想:21世紀のリベラリズムをめざして」研究分担者(研究代表者:宇野重規・東京大学社会科学研究所教授、基盤研究(B)一般、課題番号:20H01446、2020年度〜2023年度)
○日本学術振興会・科学研究費「人称による正義・道徳観の変化に関する実験政治哲学研究」研究代表者(基盤研究(B)一般、課題番号:18H00602、2018年度〜2021年度)[研究分担者:若松良樹、清水和巳、坂本治也、善教将大、宇田川大輔、秦正樹]
○日本学術振興会・科学研究費「医療と健康の分配的正義」研究分担者(研究代表者:宇佐美誠・京都大学大学院地球環境学堂教授、挑戦的萌芽研究、課題番号:16K13313、2016年度〜2017年度)

○日本学術振興会・科学研究費「カタストロフィの分配的正義論」研究代表者(基盤研究(C)一般、課題番号:15K02022、2015年度〜2017年度)[研究分担者:後藤玲子、Paul Dumouchel]

○日本学術振興会・科学研究費「地球温暖化問題の正義論―グローバルな正義原理とその法制度化」研究分担者(研究代表者:宇佐美誠・京都大学大学院地球環境学堂教授、基盤研究(B)一般、課題番号:26285002、2014年度〜2016年度)
○二十一世紀文化学術財団学術奨励金「リバタリアン・パターナリズムは堅牢か?−規範理論と実証理論の対話のために−」共同研究者(研究代表者:若松良樹・学習院大学法務研究科教授、2014年度〜2015年度)

○日本学術振興会・科学研究費「震災復興政策における分配的正義」研究分担者(研究代表者:宇佐美誠・京都大学大学院地球環境学堂教授、挑戦的萌芽研究、課題番号:25590001、2013年度〜2014年度)
○日本学術振興会・科学研究費「デモクラシーの規範性に関する分析的考察」研究代表者(若手研究(B)、課題番号:23720004、2011年度〜2013年度)
○群馬大学社会情報学部学部長裁量経費「地球規模の集団間関係の理解および電子コミュニケーション・スキル教育のための仮想世界ゲーム電子版の利用について」共同研究者(研究代表者:柿本敏克・群馬大学社会情報学部教授、2010年度)
○成城大学特別研究助成「統治の哲学としての功利主義の意義と限界についての研究」共同研究者(研究代表者:若松良樹・成城大学法学部教授、2009年度〜2010年度)
○日本学術振興会・科学研究費「自由と平等の正義論に向けての倫理学的研究」研究代表者(研究活動スタート支援、課題番号:21820007、2009年度〜2010年度)


【主な学内・研究所委員】


○国際言語文化研究所客員協力研究員(立命館大学、2017年4月〜2019年3月)

○副研究科長(立命館大学大学院先端総合学術研究科、2015年4月〜2017年3月)

○国際言語文化研究所運営委員(立命館大学、2014年4月〜2017年3月)

○生存学研究センター運営委員(立命館大学、2013年4月〜2017年3月)

○人間科学研究所運営委員(立命館大学、2013年4月〜2017年3月)


【学会での活動】


○社会思想史学会幹事(2019年〜2022年)

○政治思想学会理事(2019年〜)

○日本政治学会書評委員(政治思想、2019〜2020年)

○日本政治学会研究交流委員(政治理論、2014年〜2016年)


【アウトリーチ活動】

○まえばしCITYエフエム「前橋市長選挙特別番組」コメンテーター(2012年2月19日 20:00〜21:30)
○群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(2011年8月〜2013年3月 18:00〜19:00)
○群馬テレビ「群馬県知事選2011 開票速報」ゲスト解説(2011年7月3日 19:00〜22:00)
○TBSラジオ「鈴木おさむ 考えるラジオ」インタビュー出演(2011年6月11日 19:40〜19:50あたり)

【公的機関での活動】

○群馬県「吉岡町補助金審査委員会」委員(2011年8月〜2011年12月)
○経済産業省「オルタナティブビジョンに関する研究会」メンバー(2009年7月〜2010年2月)


【学術誌の編集業務】


○Ars Vivendi Journal (Editor-in-Chief, May 2014〜March 2017)

○『立命館人間科学研究』(副編集長、2013年4月〜2014年3月)


【レフェリー活動】


Ars Vivendi Journal

Asian Journal of Comparative Politics

Australian Journal of Political Science

Journal of Political Philosophy
Journal of Value Inquiry

Political Studies

Review of Philosophy and Psychology

『イギリス哲学研究』
『Core Ethics』(立命館大学)
『社会思想史研究』
『政治思想研究』
『相関社会科学』(東京大学)
『生存学』
『人間科学研究』(立命館大学)
『年報政治学』
『法と哲学』
『法哲学年報』

『早稻田政治經濟學雑誌』
日本法哲学会分科会報告

【賞】

○オーストラリア・アジア奨学金(オーストラリア政府、教育・技術・訓練省より研究費総額約13,000,000円の給付、2003年3月〜2006年3月)
○第18回慶應義塾商学会懸賞論文入選(論文題名「ケインズとハイエクの再検討−政府介入・自由・競争に関する社会経済学的考察−」(『三田商学研究学生論文集 1996』所収)、1997年3月10日)


戻る